神奈川県森林協会


拡がるナラ枯れ

2.神奈川県の「ナラ枯れ」被害の推移

ナラ枯れ被害は、当初、日本海側の一部地域に留まっていましたが、拡大を続け、全国において2010年にピークに達し、その後減少しましたが、増加傾向にある地域もあります。神奈川県においても2017年に初めて箱根町湯本や三浦市小網代等で被害が確認され、以降、2020年には、ほぼ全県域に拡大しました。

(令和2年度は被害発生市町村数が当初5市町から31史料に、被害材積は令和元年度の11倍に拡大)

市町村で区分した被害量(材積)の推移

被害材積

100m3未満  
100m3以上100m3未満  
100m3以上300m3未満  
1000m3以上  

県北部と三浦半島が黄色、箱根町が薄いオレンジ色

平成29年度(2017)矢印

県北部、川崎市を除く県東部、湯河原町を除く県南部が黄色、三浦市は赤、箱根町は薄いオレンジ色

平成30年度(2018)矢印

ほぼ全域が黄色、三浦半島が薄いオレンジ色、湯河原町とは個寝待ちは薄おいレンジ色

令和元年度(2019)矢印

山北町と横浜市が紺(1000立米以上)、県北部、県東部、川崎市が赤、県央部は赤または黄色

令和2年度(2020)


ナラ枯れの推移(数値)

年度 平成29
(2017)
平成30
(2018)
令和元
(2019)
令和2
(2020)
被害市町村数 18 21 31
被害本数 239 1392 1844 19694
被害材積(m3 239 977 1195 13059

神奈川県水源環境保全課による集計

▲Top