神奈川県森林協会


拡がるナラ枯れ 

1.「ナラ枯れ」とは

「ナラ枯れ」は、「ナラ菌」を媒介するカシノナガキクイムシがコナラやミズナラ、マテバシイなどのブナ科の広葉樹に集団で穿入することで発生する樹木の感染症で、持ち込まれた「ナラ菌」が樹体内に拡がることにより、水の通導が阻害され、枯死にいたる。

カシノナガキクイムシ成虫)の写真、長さ5mm前後
カシノナガキクイムシ成虫

虫が入った穴から排出したブラス(木くず等)の写真
穿入孔から排出したブラス(木くず等)


カシノナガキクイムシの生活環の図

今までにわかってきたこと

樹幹の坑道内で成長する幼虫の写真

樹幹の坑道内で成長する幼虫

▲Top