神奈川県森林協会

森林再生の取組み

こうした課題に対処するため、ゾーニングによる地域特性に応じた森林管理を実施していきます。(神奈川地域森林計画)

【自然再生ゾーン】
シカ対策と土壌保全対策を組み合わせたブナ林再生の取組みを順応的に実施していきます。


ブナ衰退地での鹿柵工事
ブナ衰退地での植生保護柵工事

【生物共存ゾーン】
搬出条件等が悪く経営の難しい人工林の混交林化を水源の森林づくり事業で実施していきます。」

広葉樹との混交を目指した人工林整備
広葉樹との混交を目指した
人工林整備

【資源循環ゾーン】
間伐などの森林整備を進めるとともに、路網を整備し、木材搬出の助成や、木材の利用を進めることで、伐って、植えて、育てる、持続可能な人工林を再生します。

資源循環が可能な森林整備
資源循環が可能な森林整備

【身近なみどり再生ゾーン】
都市公園や地域制緑地、市町村独自の制度等により森林の保全・管理を行うとともに、身近な自然とのふれあい、森林・林業体験活動の場として、地域住民やNPO団体との協働による森林の利用・管理を進めて行きます。


森林管理を支える基盤の整備 治山・林道事業を推進します


林道は、森林の適正な整備及び保全を図り、効率的な林業経営を行うための基盤となる施設です。適切な森林施業を推進し、森林の多面的機能の持続的な発揮を図るために、計画的な路網の整備を進めます。

林道整備写真
路網を活用した木材搬出

森林の維持造成を通じて、山地に起因する災害からの住民の生命・財産の保全や、水源のかん養、生活環境の保全・形成等、森林の公益的機能の増進のために、治山施設や保安林の整備を進めます。

治山施設写真
山の崩壊地の復旧



神奈川の森林・林業についてもっと知りたい

→かながわの森林・林業の総合案内(神奈川県ホームページ)

▲Top